日立製作所(日立、中西宏明社長)は、6月11日、企業の情報共有の促進に向けて、セールスフォース・ドットコム(宇陀栄次社長)と共同で、営業支援や顧客管理、フロントオフィスのソーシャル化を実現するソリューションの開発・検証を推進し、クラウド事業を強化すると発表した。

 日立がもつ社会インフラをはじめとした実業のノウハウや、信頼性の高い情報・通信技術を生かした日立クラウドソリューション「Harmonious Cloud」と、グローバルに実績をもつセールスフォース・ドットコムの営業支援や顧客管理、フロントオフィスをソーシャル化するアプリケーション基盤を連携し、企業内外での情報共有・活用による変化に即応するアプリケーションの開発・検証など、ソリューションの強化に取り組む。また、日立グループをはじめ、さまざまな実業分野で新サービスの適用・検証を進め、「Harmonious Cloud」のサービスメニューとして提供していく。

 さらに、日本やアジアの製造業を中心に約5万社の企業ユーザーをもつ日立の企業間メディアサービス「TWX-21」と、国内や米国、欧州を中心に10万社以上のセールスフォース・ドットコムユーザーやパートナー企業が利用するマーケットプレイス「AppExchange」を連携させるなど、両社で実績のあるマーケットプレイス間のコミュニティ連携を図ることで、双方のマーケットに必要なサービスを相互に提供し、新サービスを試行・評価検証する環境を整える。

 日立は、グローバルで高い競争力をもつパートナー企業との連携を強化し、高信頼のクラウドをグローバルに提供するためのエコシステム(生態系)の構築を進めている。セールスフォース・ドットコムとの連携強化は、これらの取り組みの一環となる。