日立製作所(中西宏明社長)は、日立ソリューションズ(佐久間嘉一郎社長)と日立システムズ(高橋直也社長)とともに、多様化するグローバルの顧客ニーズに対応するために、クラウドコンピューティングサービス「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」との連携を本格的に開始し、クラウド事業を強化する。今後、両社の製品・サービスの組み合わせによる新たなクラウドサービスを提供し、顧客のグローバルでの事業拡大を支援していく。

 日立は、高効率・高信頼の情報・通信システム技術に支えられた社会インフラを提供する「社会イノベーション事業」を中心に事業のグローバル展開を加速し、その一つとして高信頼クラウド事業を推進している。2009年6月にクラウドソリューション「Harmonious Cloud」を体系化して以来、日立グループとしてサービスメニューを拡充してきた。同時に、グローバルで高い競争力をもつパートナー企業との連携を強化し、高信頼のクラウドをグローバルに提供するエコシステムの構築を進めている。

 今回、日立グループは、AWSとの連携を本格的に開始し、日立グループの製品・サービスとAWSを組み合わせたクラウドサービスを提供する。具体的には、「Harmonious Cloud」のサービスメニューにAWSを追加するとともに、13年度中に「AWS Direct Connect(AWSへの専用線接続)」への対応を計画。「Harmonious Cloud」とAWSを高速で、安定して連携することができるハイブリッドクラウドサービスの提供を開始する。これによって、企業のグローバル事業展開を支援するとともに、ビッグデータの利活用や社会インフラシステムなどの基盤としての適用を推進する。

 また、日立グループとして、AWS上でのSAPのソフトウェアを活用したアプリケーションの構築・運用ソリューションの提供や、AWS上で提供する日立グループ製品のラインアップの拡充を進める。AWSを活用して開発した製品・サービスはグループ内に展開し、30万人を超える社員の利用実績・ノウハウをもとに改良し、社外に提供する。同時に、AWSを活用したサービスの提供を強化するために、AWS認定技術者の育成に着手し、13年度中に日立グループ全体で200人を育成する計画。