オリゾンシステムズ(菅克夫社長)は、チェコに本社を置くINVEA-TECH社が提供するネットワークトラフィック監視・分析ツール「FlowMon」の日本での販売拡大に取り組んでいる。

INVEA-TECH
イジー・トボラ
セールスディレクター
 ファイアウォールなど、セキュリティ機器を内側で監視し、詳細なトラフィック情報を提供するアプライアンスだ。ネットワーク上の利用者やアプリケーションのふるまいを可視化することによって、内側からの乗っ取りや情報漏えいを防ぐことができる。

 オリゾンシステムズは1次代理店として、「FlowMon」をセキュリティ機器の構築に強いシステムインテグレータ(SIer)に提案。米国の競合製品よりも価格を抑えていることを訴え、ファイアウォールなどを補うツールとしてのエンドユーザー向け提案が有効であることを訴求する。

 INVEA-TECHのイジー・トボラセールスディレクターは「オリゾンシステムズとともに、当社の認知度を向上し、日本市場を開拓したい」としている。(ゼンフ ミシャ)