イグアス(iGUAZU、矢花達也社長)は、6月17日、エスアイインフォジェニック(石川純生社長)の協力の下、標的型攻撃メール対策ソリューション「防人(さきもり)」とIBMのx86サーバー「IBM System x」を組み合わせたアプライアンスソリューション「防人 アプライアンス」の販売を開始した。

 「防人 アプライアンス」は、メールに添付されたファイルをウイルスを含まない画像(jpg形式)に変換して表示するので、受信者はファイルの内容を安全に確認できる。これによって、ウイルスを含んだファイルの開封を未然に防ぎ、標的型攻撃によるウィルス感染を防止する。また、ソリューションとサーバーが一体となったアプライアンス製品なので、標的型攻撃メール対策システムを簡単に構築することができる。

 税別価格は、300ユーザー版3年保守モデルが394万4900円、500ユーザー版3年保守モデルが584万5900円。イグアスは、15年度までに60社への提供を目指す。