ソフトテックス(STX、前川博社長)、高速屋(新庄耕太郎社長)、グローバルITサービス(GIS、野々下信也社長)、イグアス(矢花達也社長)は、共同でインメモリDB(データベース)アプライアンス「高速機関EV」を、4月22日に販売開始した。

 インメモリDBの「高速機関」と、IBMのサーバーシリーズ「System x」を組み合わせたアプライアンス製品。日本IBMとイグアスが協力し、STX、高速屋、GISが共同開発した。Excelアプリケーション開発ツール「EVOLIO」をフロントエンドに組み合わせたことで、高速で柔軟なBI環境を手軽に導入できるようになった。

 大量のデータの高速処理で、ビッグデータのリアルタイム処理を実現するとともに、開発生産性の高いExcelアプリケーション開発ツールによる簡便で柔軟なデータ活用ができる。

 税別価格は、300万円から(10クライアント/データ量10GBから)。初年度(2013年4月~14年3月)の販売目標は100社/5億円、16年度までに1000社/100億円を目指す。