ネットワールド(森田晶一社長)は、英ストアマジックの仮想ストレージソフトウェア「StorMagic SvSAN」の最新版「StorMagic SvSAN 5.1」を今秋発売する。

 「StorMagic SvSAN」は、ハイパーバイザーをインストールしたサーバーのローカルディスク空き領域をiSCSIの共有ストレージ領域として利用できるようにする仮想アプライアンス製品。高価なSAN/NASストレージを導入することなく、共有データストアを構築することができる。仮想マシンをダウンタイムなしで別ホストに移動できるライブマイグレーションのほか、HAまたはクラスタ機能も物理的な共有ストレージなしで利用できる。

 最新版の「StorMagic SvSAN 5.1」は、Microsoft Windows Server 2012 Hyper-V環境に対応。これによって、物理的な共有ストレージなしで、低コストでHyper-V ホストクラスタが利用でき、計画的なダウンタイムや、サーバー障害時など、予定外のダウンタイム時での可用性を向上する。

 最新のHyper-Vに対応したことで、フェイルオーバーする仮想マシンの優先度の設定や、同じノードで稼動させる仮想マシンを指定し、フェイルオーバー時に一緒に別のノードへ移動させるアフィニティ仮想マシン規則、あるいはフェイルオーバー時に指定した仮想マシン同士が同じノードに配置されないようにするアンチアフィニティ仮想マシン規則も利用できる。

 さらに、VMwareのLinuxベースの仮想アプライアンス版vCenterであるvCSA(vCenter Server Appliance)に対応。これによって、セットアップ時間を短縮できるほか、VMware vCenter用に必要だったMicrosoftのWindowsServerやSQL Serverのライセンスが不要となり、VMware環境で低コストの冗長化構成を組むことができる。

 税別価格は、実効容量2TBで24万9800円(2ノードライセンス)から、容量無制限が143万8500円(2ノードライセンス)。