ネットワールド(森田晶一社長)は、実証済みVDI(仮想デスクトップ)オールインワンパッケージ「Networld VDX」に、1000デスクトップの同時利用に対応する新モデル「Networld VDX for 1000 VDI」を追加し、6月25日に発売した。

 「Networld VDX」は、VDIソフトウェアと、サーバー、ストレージ、ネットワークが検証・サイジング済みで統合されたリファレンス・アーキテクチャ「FlexPod」または「VSPEX」をベースとして、VDI高速化ツール「Atlantis ILIO」(Atlantis Computing社)、VDI監視ツール「Stratusphere UX」(LiquidwareLabs社)、デスクトップパフォーマンス管理ツール「Login VSI Pro」(Login VSI社)、プロファイル管理ツール「ProfileUnity」(LiquidwareLabs社)など、VDI環境に必要なハードウェアとソフトウェアを組み合わせ、実機による実証済みの構成で提供するVDIオールインワンパッケージ。

 ネットワールドは、昨年11月から500デスクトップが同時に利用できる「Networld VDX for 500 VDI」を提供しているが、新モデル「Networld VDX for 1000 VDI」の提供によって、急速に高まりつつある仮想デスクトップの大規模導入ニーズに対応する。

 従来製品は、VMware、Ciscoのサーバーとネットワークに、NetAppのストレージで構成される「FlexPod」をベースとしているが、「Networld VDX for 1000 VDI」「Networld VDX for 500 VDI」とも、EMCのストレージを組み合わせる「VSPEX」をベースとするモデルの提供を開始する。これによって、使い慣れたストレージを用いたいというEMCユーザーの要求に応え、製品選択の幅が拡大した。

 税別価格は、「Networld VDX for 1000 VDI」が1億2800万円(1デスクトップあたり12万8000円)から、「Networld VDX for 500 VDI」が7340万円(1デスクトップあたり14万6800円)から。