大塚商会(大塚裕司社長)は、日本で初めて3次元CADとBEMS(ビル・エネルギー・マネジメント・システム)を連携させたビル節電対策ソリューション「3Dビルコミュニケーションシステム」の提供を、9月26日に開始する。

 竹中工務店(宮下正裕社長)の技術をベースにしたシステムで、大塚商会が導入・サポートを行う。新築ビルだけでなく、既存ビルでも導入できるオープンなビル管理システムとして、オフィスビルのほか、テナントビル向けとして活用できる。ソフトウェアをパッケージ化することで、稼働までの期間を短縮した。

 3次元CADの立体的な図面を使うことで、「どこでどれだけ使っているか」など、フロアの電力利用状況がよりわかりやすくなる。タブレット端末を使ったタッチ操作による空調や照明の制御などにも対応し、フロア利用の最適化や使用電力の削減など、快適で効率的なビル運営ができる。

 さらに、会議室予約と連携して、会議の開催時間に合わせた空調・照明制御やスマートコンセントによる細やかな電力管理など、幅広い顧客の要望に対応する。税別価格は、1サーバーライセンス(接続ポイント100つき)で50万円から。