大塚商会(大塚裕司社長)は、2月22日に開催した取締役会で、3月27日付の人事異動と4月1日付の組織変更を決定した。

 3月27日付で、現在、LA事業部長/LA事業部広域グループ長を務める田中修主席執行役員は、取締役兼上席執行役員に就任。経営管理本部長代理/コンプライアンス室長を務める森谷紀彦主席執行役員は、環境管理室長を担当に加えて取締役兼上席執行役員に就任する。北関東営業部長を担当する山幸司取締役兼上席執行役員は常務執行役員に就任し、技術本部長を担当する濵田一秀取締役兼専務執行役員は退任する。

 現在、CAD部門長/CADプロモーション部長を務める鶴見裕信取締役兼上席執行役員は、取締役兼常務執行役員に就任。技術副本部長/APソリューション部門長/TCソリューション部門長/テクニカルソリューションセンター長/サービスセンター長の桜井実取締役上席執行役員は、技術本部長となって取締役兼常務執行役員に就任する。通信ネットワーク部門長/通信ネットワークプロモーション部長の植野弘治執行役員が上席執行役員に、中央第二営業部長の三浦秀明執行役員が上席執行役員に昇格。神戸支店長の伊藤憲次氏は新たに執行役員となる。環境管理室長/広報室長の安達美雄執行役員は退任する。

 また、4月1日付で、経営管理本部の「広報室」を解消し、機能を「経営計画室」に移管する。