ネットワールド(森田晶一社長)は、VMwareのソリューション・コンピテンシーを対象とする教育プログラムの提供を、国内で初めて開始すると発表した。

 ネットワールドは、2000年からVMware社の国内ディストリビュータとして、販売パートナーの教育を行ってきた。これまでのトレーニングの実績がVMwareに評価され、今回特別にソリューション・コンピテンシーを対象とするVMwareの認定プログラムを提供することが認められた。

 提供するのは、仮想化の運用管理を提案するプリセールス向けのVMwareのソリューション・コンピテンシー認定資格である「VTSP-MGMT」を取得するための講座「VTSP-MGMT資格取得ブートキャンプ」。販売パートナーは、日本にいながらVMwareの教育プログラムを日本語で受講することができ、受講後は試験を受けずに資格を取得することができる。