NTTコミュニケーションズ(NTT Com、有馬彰社長)は、パブリッククラウドサービス「Bizホスティング Cloudn(クラウド・エヌ)」で、大規模なシステム構築への対応と迅速な故障サポートを実現するために、8CPU・メモリ32GBまたは16CPU・メモリ64GBの仮想サーバーが利用できる「ハイ・メモリオプション」と、24時間365日の故障受付対応を行う「アドバンスト・サポート」の提供を7月29日に開始した。

 「ハイ・メモリオプション」は、Compute(FLATタイプ)の仮想サーバープランのなかで、8CPU・メモリ32GBの「プランv8」と、16CPU・メモリ64GBの「プランv16」の二つを追加。膨大なアクセスへの対応に高い安定性が要求されるソーシャルゲームや大規模ウェブサービスやECサイト、広告配信用アドネットワークなどのシステム基盤や、ビッグデータ活用などで、安価なクラウドサービスを利用できる。

 価格は、「プランv8」が、1時間単位の従量料金で起動時91.77円、停止時48.3円、月額上限4万3890円。「プランv16」が、起動時183.54円、停止時96.6円、月額上限8万7780円。

 「アドバンスト・サポート」では、通常サポートによる平日10~17時の故障受付に加え、24時間365日の故障受付を行う。これによって、ミッションクリティカルなシステム基盤としても利用することができる。対象は、Compute(FLATタイプ)、Object Storage、Relational Database(RDB)、DNS、Load Balancing Advanced(LBA)、PaaS、File Storage、CDN、AutoScalingの各サービス。Monitoring、Provisioningは対象外。

 料金は、サポート対象サービスの利用料金合計の5%。なお、5250円未満の場合は、5250円を利用料金とする。

 今後は、Red Hat Enterprise Linux OSテンプレートプラン、高速ディスクを利用したプラン、Computeの1分間隔監視や任意の監視項目を追加できるカスタムメトリクスを提供するMonitoring有料メニュー、Cloudn Computeと顧客のシステム環境をセキュアで柔軟な接続を実現するVPCサービスなどを追加していく。