日立製作所(日立、中西宏明社長)は、企業や行政機関などに対してネットワークを介して日立のデータセンターに構築した電話システムを提供するクラウド型コミュニケーションサービス「CommuniMax/CT(コミュニマックス/シーティー)」のサービス申込み受付を10月1日に開始し、11月1日に提供を開始する。

 通話など基本的な電話機能を1内線番号あたり1890円から利用できる月額料金制のクラウド型サービス。電話環境の構築に必要なPBX(構内交換機)や各種サーバーなどの設備を企業内に保有する必要がないので、初期投資や管理コストを抑えて、企業内の電話環境を迅速に立ち上げることができる。

 基本サービスに加え、各種コミュニケーションシステムを相互に連携させ、企業内の生産性向上を図るユニファイドコミュニケーション(UC)機能として、電話帳やコンタクトリスト、プレゼンス表示などの機能を一覧表示し、効率的に利用できるUCポータル画面を提供する。また、ニーズが高まるBYOD(個人端末の業務利用)に対応し、スマートフォンを利用した外出先からの内線通話を実現。発着信履歴をスマートフォンに残さず、個人情報の漏えいを防止する。これらのサービスは、海外でも利用することができる。

 価格は、基本初期契約料が1契約10万5000円。コミュニケーションサービス(Basic版)が月額1890 円/1内線、コミュニケーションサービス(高信頼版)が月額2835円/1内線、コミュニケーションサービス(高セキュリティ版)が個別見積もり。オプションとして、UCポータルサービスが月額210円/1ID、スマートフォン同時接続ライセンスが個別見積もり。