日立製作所(日立、中西宏明社長)は、7月31日、Storage Performance Council(SPC)のベンチマークテストであるSPC Benchmark-1で、エンタープライズディスクアレイシステム「Hitachi Virtual Storage Platform(VSP)」のデータ入出力の処理速度で世界最高性能を達成したと発表した。

 高速データ処理の独自のフラッシュモジュール「Hitachi Accelerated Flash(HAF)」と、フラッシュ媒体の性能を最大限に引き出すデータ処理高速化ソフトウェア「Flash acceleration」を搭載した「VSP」によって、エンタープライズディスクアレイ製品として世界最高の1秒あたりデータ入出量処理速度602,019.47SPC-1 IOPS1を達成した。また、入出力データを処理する際の1秒間あたりの価格性能値でも、これまでの値から65%向上した$2.86/SPC-1 IOPS1を達成した。

 世界最高性能を達成した「VSP」は、容量あたりの導入コストにすぐれた「HAF」と、「HAF」の性能を最大限に引き出す「Flash acceleration」の組み合わせ、さらには最新の仮想化機能によって、データ処理の高速化とTCOの削減を同時に実現する。