日立製作所(中西宏明社長)は、PCサーバーの日立アドバンストサーバー「HA8000シリーズ」から、最新のインテルXeonプロセッサ「E3-1200 v3製品ファミリー」を採用した1プロセッサモデルの新製品と、Windows Storage Server 2012に対応したネットワークストレージサーバー「HA8000/NS」の新製品を、7月25日に発売する。

 「HA8000シリーズ」の新製品では、1プロセッサモデルのタワーサーバー「HA8000/TS10」とラックマウントサーバー「HA8000/RS110」に最新のインテル Xeon プロセッサであるE3-1200 v3製品ファミリーを採用し、従来モデル比で約1.1倍の処理性能を実現。ストレージ容量を約33%拡大して最大16TBとして、さらに省電力性を向上した。また、設定した消費電力の上限値を超えないようにプロセッサの動作を自動的に制御する動的パワーキャッピング機能を「HA8000シリーズ」の1プロセッサモデルとして初めて搭載。「HA8000/RS110」には、変換効率94%を超える業界最高水準の80 PLUS PLATINUM認証の電源モジュールを新たに採用した。

 中小規模のシステム環境のファイル共有とバックアップ用途向けのネットワークストレージサーバー「HA8000/NS」では、「HA8000/NS10」「HA8000/NS110」「HA8000/NS220」「HA8000/NS220-s」の4機種で、新たにWindows Storage Server 2012 Standardをサポート。ストレージ内の重複したデータを自動的に削除してストレージ容量の使用効率を向上する重複排除機能を追加するとともに、ファイル共有プロトコル「SMB(Server Message Block)3.0」への対応によって、ファイル転送を高速化した。さらに、「HA8000/NS10」「HA8000/NS110」はストレージ容量も約33%拡大し、最大12TBとした。

 価格は、「HA8000/TS10」が14万7000円から、「HA8000/RS110」が18万9000円から、「HA8000/NS10」が37万3800円から、「HA8000/NS110」が37万8000円から、「HA8000/NS220」が52万5000円から、「HA8000/NS220-s」が62万1600円から。すべて7月31日に出荷を開始する。