サイボウズスタートアップス(Cstap、山本裕次社長)は、9月30日、2011年12月から提供している「安否確認サービス」を大規模組織でも利用できるようにした最新の「バージョン 4.0」を公開した。10月16日の提供を予定している。

 「安否確認サービス」は、提供開始から約2年が経過し、数千人規模の大企業の利用が増えるなかで、「連絡状況を細かい組織単位で確認したい」「各組織のマネージャーに対して、自身の組織の確認だけに閲覧を制限したい」といったニーズが増えてきた。そこで最新バージョンは、利用ユーザー数の規模拡大に対応し、組織の階層化、閲覧権限の管理を強化した。

 提供開始から2年間、ユーザーからの要望を中心に機能改善を行ってきたが、試用したユーザーの購入率が、想定を大幅に上回る60%に達したことから、今回の最新バージョンを機に、本格的な拡販活動を展開する。第一弾として、「安否確認サービス」を販売する代理店の募集を開始する。

 「安否確認サービス」の価格は、50ユーザーで月額6800円から。Cstapでは16年3月末までに1200社/100万ユーザーへの提供を目指す。