オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)とサイボウズ(青野慶久社長)は、7月12日、OBCの販売管理システム「商奉行」「蔵奉行」シリーズと、サイボウズの提供する業務アプリ構築クラウド「kintone」、ウェブ型データベース「サイボウズ デヂエ」を連携し、顧客情報をウェブで自由に共有・参照できるソリューション「kintone for 奉行」と「サイボウズ デヂエ8 顧客管理 for 奉行」について、OBC販売パートナーを通じて販売を開始した。

 「kintone for 奉行」と「サイボウズ デヂエ8 顧客管理 for 奉行」は、「商奉行」「蔵奉行」とCSV連携し、顧客情報を「kintone」または「サイボウズ デヂエ」に連携することで、情報をウェブ化。また、担当者ごとに散在していた顧客情報を一元化できるので、情報管理の属人化を防止する。

 これによって顧客情報を一元化したり、部署を越えて共有したりすることができる。「奉行」シリーズを直接操作しない人でも、いつでも・どこでも顧客情報を確認できるだけでなく、顧客情報の活用が容易となり、顧客管理業務での生産性の向上を実現する。さらに、業務の引き継ぎや顧客対応を円滑にして、営業活動やサポート業務を効率化。顧客情報の項目やレイアウトを自由に設計して、顧客対応状況の入力・閲覧や過去の問い合わせ履歴など、「商奉行」「蔵奉行」を補完する情報を管理できる。

 「kintone for 奉行」と「サイボウズ デヂエ8 顧客管理 for 奉行」は、「奉行」シリーズと連携するシステム/サービス群「奉行Solutions」にラインアップ。初年度利用料は、「kintone for 奉行」が1ユーザーあたり1万345円(300ユーザー以下の場合)、「サイボウズ デヂエ8 顧客管理 for奉行」が10万円(プラン20・新規の場合)。