アセンテック(佐藤直浩社長)は、米ニンブル・ストレージと代理店契約を締結し、日本国内で唯一のディストリビュータとして、ハイブリッド・ストレージシステム「Nimble Storage」の販売を12月下旬に開始する。

 フラッシュメモリ(SSD)とハードディスク(HDD)を組み合わせた低価格のハイブリッド型ストレージ。独自の特許技術「CASL(Cache Accelerated Sequential Layout:キャッスル)」によって、データを圧縮しながら効率的にディスクへ書き込み、SSDをリードキャッシュとして利用することで、アプリケーションのスループット要求を満たす高いパフォーマンスを発揮する。また、スナップショット機能をデータ保護やバックアップに活用して、不測の事態のときにはすばやくリカバリする。

 冗長構造で可用性を高めた3Uのコンパクトなきょう体のアプライアンスなので、短時間で導入・設定ができる。また、CitrixやVMwareなどのVDI、マイクロソフトやオラクルなどのアプリケーションを利用するために、ストレージパラメータを設定したリ、ファレンス・アーキテクチャを提供したりすることによって、チューニングやマニュアル設定をせずに最適なパフォーマンスを得ることができる。

 ラインアップは、CPU、キャッシュ、容量の異なる8TBモデルから36TBモデル(実効容量は最大50TB)までの7モデル。外部ディスクシェルフを利用することで、アプライアンスあたり最大254TBまで拡張できる。

 税別価格は、8TB(Raw)のエントリモデル「Nimble Storage CS210」が390万円。スナップショット、レプリケーションなどに必要なすべてのソフトウェア機能を追加ライセンス費用なしで利用できる。アセンテックは、ニンブル・ストレージの国内唯一のディストリビュータとして、SIer(システムインテグレータ)を通して販売し、初年度200台の出荷を目標としている。