サイボウズ(青野慶久社長)とヴイエムウェア(VMware、三木泰雄社長)は、10月29日、サイボウズのビジネスクラウド基盤「cybozu.com」が、SaaSプロバイダとしてアジアで初めてVMwareの提供する統合ワークプレース「VMware Horizon Workspace」の標準カタログに登録されたと発表した。

 「VMware Horizon Workspace」は、データ、アプリケーション、デスクトップを一つの統合ワークスペースに集約することで、エンドユーザーの利便性を向上し、ITコストを削減するソリューション。「cybozu.com」は、サイボウズが独自に開発したビジネスクラウド基盤で、「Office on cybozu.com」「Garoon on cybozu.com」などのグループウェア機能や、業務アプリケーション「kintone」を提供している。

 今回の登録によって、「VMware Horizon Workspace」と「cybozu.com」との認証の一元化を実現。これによって、社内環境とクラウド環境をシームレスに接続し、「VMware Horizon Workspace」上で利用するアプリケーションと「cybozu.com」のサービスを別の環境であることを意識せずに利用できる。

 スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスからもアクセスできる柔軟な業務環境に最適化されたシステム環境を提供することで、外出が多いモバイルワーカーや在宅勤務者などの業務の利便性を向上する。

 VMwareでは、国内最大級のビジネスクラウド基盤である「cybozu.com」と標準連携することで、SSO(シングルサインオン)方式の日本国内での普及を図る。サイボウズは、海外で「cybozu.com」の認知が向上することで、今後のグローバル市場開拓での効果に期待する。