エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、AltovaのXMLエディタの新バージョン「XMLSpy 2014」を発売した。

 「XMLSpy」はXMLエディタのベストセラー製品で、XMLに関連する技術のモデリング、編集、変換、デバッグを行う機能を提供する。XMLエディターツールとして最高水準のスキーマデザイナ、コード生成、ファイル変換、デバッガー、プロファイラー、完全なデータベース統合、XSLT、XPath、XQuery、WSDL、SOAP、XBRL、JSON、Office Open XML(OOXML)ドキュメントのサポートを提供し、Visual StudioやEclipseなどとの統合ができる。

 新バージョンは、XML Schema 1.1をサポートするとともに、RaptorXMLとの統合を行った。また、XPath 3.0、XSLT 3.0(サブセット)、XQuery 3.0(サブセット)をサポート。Eclipse 4.3との統合も実現している。

 価格は、「XMLSpy 2014 Professional Installed Users 1ライセンス」が7万1190円、「XMLSpy 2014 Enterprise Installed Users 1ライセンス」が14万2590円。