エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、10月25日、「インテル C++/Fortran Composer XE 2013 最新アップデート版(SP1 Update1)」と、日本語マニュアルの提供を開始した。

 「インテル C++/Fortran Composer XE 2013」は、最新のマルチコア、メニーコア・プロセッサ向けに、高速アプリケーションを開発するためのコンパイラやライブラリを含んでいる。最新アップデート版(SP1 Update1)には、パフォーマンスがさらに向上した最新「インテル C++/Fortran コンパイラー 14.0 Update1」の日本語版を同梱し、日本語化したインターフェースや各種メッセージによって、これから製品を利用するユーザーにも使いやすくした。

 Windows版、Linux版ともに、インテル Xeon Phiコプロセッサをサポート、オフロードとSIMD拡張を含むOpenMP 4.0の主要機能をサポート(部分準拠)し、C++11規格やFortran 2003規格のサポート拡張などの機能強化を行っている。

 「インテル C++/Fortran Composer XE 2013日本語版の最新アップデート版(SP1 Update1)」の日本語マニュアル「インテル コンパイラー・ユーザー・リファレンス・ガイド 日本語訳」は、ウェブサイトで対象製品の評価版を申し込むことで入手できる。マニュアルでは、コンパイラの使用方法、機能、最適化オプションなどを紹介している。

 価格は、「インテル Composer XE 2013 Windows版 日本語版」が20万1600円、「インテル Composer XE 2013 Linux版 日本語版」が24万3600円、「インテル C++ Composer XE 2013 Windows版 日本語版」が11万7600円、「インテル C++ Composer XE 2013 Linux版 日本語版」が11万7600円、「インテル Visual Fortran Composer XE 2013 Windows版 日本語版」が14万2800円、「インテル Fortran Composer XE 2013 Linux版 日本語版」が16万8000円。