オーリック・システムズ(オーリック、幾留浩一郎代表取締役CEO)は、リアルタイムのウェブアクセス解析ソフト「RTmetrics(アールティー メトリックス)」で、Android OSとiOSを搭載するスマートフォンアプリケーションを解析するソフトウェア開発キット「スマートフォンアプリ解析SDK」を発売した。

 スマートフォンアプリケーションは、一般的にアプリケーション内でユーザーの行動が完結するので、利用情報を取得することは難しいが、開発時に「スマートフォンアプリ解析SDK」を使い、アプリケーション解析のために必要な情報を設定しておくことによって、ユーザーの利用情報を「RTmetrics」に取り込むことができるようになる。

 「RTmetrics」と「スマートフォンアプリ解析SDK」を組み合わせて利用することによって、例えばボタンのクリック、入力ワード、クーポン入手、キャンペーン応募、SNS投稿、GPSやジャイロセンサ情報などの情報を任意のタイミングでSDKに値をセットすることで、「RTmetrics」で特定の機能の実行頻度などが分析できる。スマートフォンアプリケーションの開発に役立てたり、リアルとオンラインの関係を分析して、コンバージョン率向上のための戦略を立案したりできる。

 移動中や地下などで、オフラインによって送信に失敗したリクエストは、SDKの設定によって再送の有無を選択したり、有効時間を指定したりでき、精度の高い解析ができる。税別価格は50万円。