富士通システムズ・イースト(石川享社長)は、クラウドビジネスが拡大する時代を見据え、顧客へ完成度の高いサービスをワンストップで提供するために、クラウドサービス関連部門を分社化し、12月2日付けで新会社の富士通システムズアプリケーション&サポート(八田信社長)を設立した。

 富士通システムズ・イーストは、これまで約7000社への業種ソリューション導入で培ったノウハウをもとに、完成度の高いクラウドサービスを構築、育成する取り組みを進めてきた。また、クラウド時代を見据えて、顧客のシステム運用を支えるサポートセンターの充実と自社データセンター(DC)の最適化を図ってきた。

 今回、DCとサポートサービス業務に加え、同社で構築、育成された業務アプリケーションをクラウドサービスとして垂直統合し、事業会社として分社化する。これによって、より広く、多くの顧客に最適なサービスをワンストップで提供していく。

 新会社の富士通システムズアプリケーション&サポートは、業務アプリケーションの第一弾として、12月2日に図書館クラウドサービスを提供。今後、富士通システムズ・イーストで培ったノウハウを専門分野に特化したクラウドサービスとして順次提供していく。