富士通システムズ・イースト(石川享社長)は、グループの事業体制強化の一環として、7月1日付で100%子会社であるウェブテクノロジー(川端功微社長)の社名を株式会社富士通システムズウェブテクノロジーに変更した。

 ウェブテクノロジーは、1997年にグループ企業の技術開発専門会社として設立され、ウェブシステム全般の技術を蓄積してきた。

 富士通システムズ・イーストは、ウェブテクノロジーのもつプロジェクト品質、生産性向上のための機能・体制を強化し、事業化を進めることによって、グループの事業基盤を強化するとともにサービス品質の向上を図るために、グループの一員として一体感のある社名に変更した。