1stホールディングス(内野弘幸社長)は、12月19日、同社とグループ会社のウイングアーク、1stネクスパイア、ディジタル・ワークスの4社を2014年3月1日に経営統合し、新たに「ウイングアーク1st」として発足させると発表した。

 新会社の代表取締役社長には、内野社長が就任。これまで4社が個々に保有してきた販売力・技術力・サービス提供力・ノウハウを統合し、有効活用することによって、ユーザーの満足度の向上を図る。

 1stホールディングスは、今年5月23日にMBO(経営陣による株式買取り)を行い、東証二部上場を廃止している。その際の『週刊BCN』のインタビューで、内野社長は、「上場廃止によって、新しい事業展開が可能になるイメージが頭のなかで鮮明になってきた」「グループをシンプルなかたちに整理・統合したい」と述べ、経営統合を示唆していた。