クラウディアン(太田洋代表取締役)は、2月25日、S3 APIに完全準拠したソフトウェアベースのオブジェクトストレージ製品「Cloudian」に、アマゾンS3とGlacierへのデータ自動階層化(Auto-Tiering)機能を追加したと発表した。3月初旬の「Cloudian ver3.1」から機能を使用できるようになる。

 「Cloudian」は、クラウドストレージの事実上の標準であるアマゾンS3のAPIに完全準拠するクラウド・オブジェクトストレージを、汎用IAサーバーなどハードウェアに構築・運用できるソフトウェア製品。一般に、S3を利用するアプリケーションや製品なら、「Cloudian」が生成するアクセスコード、セキュリティコードを入力して、エンドポイント(格納先)をS3から「Cloudian」に向けるだけで、「Cloudianオブジェクトストレージ」にデータを格納することができる。これまで、多くのS3対応エンタープライズ向け製品と「Cloudian」との相互接続性が公式認定されてきている。

 アマゾンS3とGlacierへの自動階層化機能は、追加オプション料などが不要の標準機能として追加する。オンプレミス(企業構内やデータセンター内)の「Cloudianプライベートクラウド」に格納したオブジェクトを、指定期間経過後、自動的にアマゾンS3やGlacierに移動して階層化。「Cloudian」の利用者は、パケット単位で、オブジェクトを「Cloudianプライベートクラウド」に格納するか、アマゾンS3やGlacierに格納するかを選択できる。格納データの読出し(リストア)も、「Cloudian」側の操作で行い、使用料金もクラウディアンが請求する。この機能を追加することで、プライベートクラウドとパブリッククラウドを使い分けるハイブリッドクラウドを実現できる。