大塚商会(大塚裕司社長)は、通信販売カタログ「たのめーるvol.31(春夏号)」と「ケアたのめーるvol.11」を、4月1日に発刊する。

 両カタログとも、4月からの消費税増税による価格表示は、従来通りすべて総額表示にして、利用者にわかりやすくした。また、両カタログ合わせて2400点以上の値下げを実施。配送料は従来と変わらず、法人の顧客は税込み300円以上の購入で送料を無料にする。

 「たのめーるvol.31(春夏号)」は、OA・PC消耗品の約580点をはじめとして、生活用品で約280点、PC周辺機器・ソフト・書籍で約270点、文具・事務用品で約200点、そのほか事務機器・家電、梱包・作業用品、オフィスファニチャー、CAD・製図用品などで値下げを行った。人気のコクヨ商品は、商品の充実とともに価格も下げた。

 「ケアたのめーるvol.11」は、熱中症対策や夏場の外出にうれしい暑さ対策商品を追加。外出の多いヘルパー向けに、日焼け止め・サンバイザー、熱中症から高齢者を守る熱中症指数計・保冷用品などを揃えた。また、介護に役立つ「マッサージとアロマ特集」を掲載。医療現場でも使われるようになってきたメディカルアロマの利用法などを紹介する。

 無料サンプルのサービスは、オムツ・ディスポ手袋・口腔ケア・お薬手帳など、前号から10点ほど増やし、240点以上を用意した。実際の使い勝手などを事前に確認することで、安心して利用することができる。

コクヨ商品は、商品の充実とともに価格の値下げを実施