大塚商会(大塚裕司社長)とサイオステクノロジー(サイオス、喜多伸夫社長)は、複合機による情報漏えいを抑止する「画像ログ取得ソリューション」を、3月中旬に発売する。

 サイオスと大塚商会が企画開発した画像ログ取得ソフト「Logキャプチャ」をリコー製複合機に搭載し、大塚商会が導入支援や保守などのサービスとともに販売する。「画像ログ取得ソリューション」の複合機を利用することによって、いつ、誰が、どの文書に対してどのような操作をしたのかなどの情報と合わせて、操作の対象となった文書を画像データとして保存する。

 万が一、情報漏えいが発生した場合にも、流出経路を確認する際の重要な手がかりになるほか、複合機経由の情報漏えいの事前抑止にも有効だ。税別価格は1万円。両社は、初年度で5000本の販売を目標としている。