アルプスシステムインテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は、3月31日、NTTドコモ(加藤薫社長)と協力して、iPhoneユーザー向けに家庭向けスマートフォン用フィルタリングアプリ「ファミリーブラウザ for docomo」の提供を開始した。

 ALSI子会社のネットスター(輿石大治社長)が開発し、ドコモユーザー向けに提供しているスマートフォン用フィルタリングアプリ。3G、LTE、Wi-Fiの接続時に、子どもたちが安全にネットを利用できるアクセス制限機能つきブラウザで、ドコモの「あんしんモード」と連携して、子どもの学齢に合わせた「アプリ起動制限ルール」と「ウェブアクセス制限ルール」を同時に設定することができる。

 2013年8月からドコモのAndroid搭載スマートフォンユーザー向けに提供。iPhoneユーザー向けにも「ファミリーブラウザ iOS版」として提供を開始した。従来、ドコモのiPhoneでは、Wi-Fi接続時にウェブ閲覧の簡易的な制限を利用するか、または各フィルタリング事業者が提供する有料のアプリを用いてフィルタリングする必要があった。

 「ファミリーブラウザ」を利用することで、インターネット利用スキルやコミュニケーション能力に合わせて、Wi-Fi接続時などのウェブ閲覧が安全・柔軟にできるようになる。