アルプスシステムインテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は、情報漏えい対策シリーズの新バージョン「InterSafe ILP Ver.4.0」を、4月2日に発売する。

 「InterSafe ILP」は、「重要情報の保護」「外部デバイスへの不正持ち出し」「持ち出し後のファイルの安全な活用」「送信データの情報漏えい防止」をオールインワンで実現する製品群。デバイス制御ソフト「InterSafe DeviceControl」、ウェブ型申請・承認ソフト「InterSafe WorkFlow」、セキュリティUSBメモリ作成ソフト「InterSafe SecureDevice Ultimate」、ファイル自動暗号化ソフト「InterSafe IRM」、セキュリティPDF作成ソフト「InterSafe SecurePDF」の五つの製品で構成し、必要な対策を自在に選択して組み合わせることができる。

 新バージョンは、ファイル自動暗号化ソフト「InterSafe IRM」の開発キット(SDK)を提供し、既存システムとの組み込み連携を実現。クラウド環境・オンプレミス環境を問わず、例えば文書管理システムやグループウェアなどに暗号化機能を付加することができる。これによって、資料をダウンロードする際には自動的に暗号化し、アップロードする際には暗号化を解除することができるようになり、セキュアなファイル管理ができるようになる。

 「InterSafe IRM」は、有償オプションとして、ファイル一括暗号フォルダ機能を提供。暗号化の利便性を向上するとともに、ネットワーク接続されていないPCの一元管理機能を強化した。「InterSafe DeviceControl」は、サーバーOS対応による情報漏えい対策を強化し、Windows Server OSのデバイス制御セキュリティ対策ができるようになった。「InterSafe SecureDevice Ultimate」は、ホストPC機能の強化や「社外利用禁止モード」のデフォルトポリシーへの追加、連続作成補助機能の追加を実施。「InterSafe WorkFlow」は、書出し機能を強化している。