IDC Japan(竹内正人代表取締役)は、4月7日、国内クライアントPC市場でのWindows XP搭載PCの稼働台数の実績と予測を発表した。

 各社の「XP」サポート終了の告知が市場に浸透したことで、法人市場では買い替えが順調に進み、2013年12月末のXP搭載PCの法人稼働台数は、全PC稼働台数の17.1%にあたる617万台にまで減少した。

 IDC Japanの昨年10月の予測では、同じ時点でXP搭載PCは法人の全PC稼働台数の20.2%、724万台になると予測していた。しかし、マイクロソフトやベンダー、チャネルの買替えキャンペーンが功を奏して、予測よりも107万台買替えが進んだ。

 14年に入ってからも買替えが順調に進んでいることから、IDC Japanは、14年6月末(2014 1H)には法人の全PC稼働台数の6.6%、241万台にまで減少すると予測した。

国内クライアントPC法人市場でのOS別稼働台数予測:2012 1H~2017 2H