2014年4月9日にWindows XPのサポートが終了する。これを受けて、福祉用具のレンタル卸を手がけるパラマウントケアサービス(水上和彦代表取締役)のシステム統括部では、2012年度(13年3月期)から情報収集などの移行の準備を進めてきた。しかし、端末買い替えの予算が下りないなどの問題が発生し、システム統括部は自前での移行作業を余儀なくされた。悩んだ末に見出した解決策は、展開工程を短期化するOSアップグレードサービスの活用だった。