広島工業大学(鶴衛学長)は、4月14日、学生に対してシンクライアント端末を活用した大規模仮想デスクトップ環境(VDI)を提供する「仮想デスクトップ教育基盤システム」を整備し、4月1日に稼働を開始した。システムは、日立製作所(日立、東原敏昭社長兼COO)のクラウドソリューション「Harmonious Cloud」のプライベートクラウドソリューションを活用して構築し、全学生4519人が利用している。

 「仮想デスクトップ教育基盤システム」によって、学生は学内のPC教室や自習室など、さまざまな教室に設置した650台のシンクライアント端末から、必要なOSやソフトウェアを搭載した仮想PC環境をいつでも利用することができる。システムでは、3次元CADソフトウェアなど、従来VDIでの動作が困難だった画像処理が必要なソフトウェアも利用でき、授業などで効果的に活用されている。

 システム管理者は、ソフトウェアのインストールやOSの入替えなどをサーバー側で一括して行うことができる。これによって、例えばWindows XPのサポート終了に伴う対応が短期間で完了するなど、効率的なシステム運用を実現する。さらに、ITリソースの柔軟な割当てができるので、例えば需要のピークに合わせて新たにPCを購入することなく高性能のPC環境を一時的に増加させるなど、ITコストの最適化を実現する。

 システムでは、ヴイエムウェアの「VMware Horizon View」を用いてVDIを実現。サーバー仮想化ソフトウェア「VMware vSphere」によってサーバー群の仮想化・集約を行った。

 広島工業大学は、今後、学生がPCやタブレット端末を利用して、自宅などの学外でアクティブ・ラーニングができるよう、学内と同様の環境を整備していく。