日立製作所(中西宏明社長)は、2月18日、プライベートクラウド型ストレージサービス「ストレージユーティリティマネジメントサービス」を、金融情報サービスを提供するQUICK(吉岡昇社長)の金融情報配信のための各種業務システム向けに提供し、本格的に稼働を開始したと発表した。

 「ストレージユーティリティマネジメントサービス」は、QUICKのデータセンター(DC)内に日立が保有するストレージ装置を設置し、そのストレージ装置の設計構築・管理・保守を含めて、使用容量に応じた従量課金制で提供するサービス。

 QUICKは、サービスを利用することで、自社内に重要なデータを保有しながらも、ストレージ装置の設計構築・管理・保守業務が不要になったほか、使用容量に応じた従量課金によって初期導入コストを削減。増え続けるデータ容量に対して、ストレージシステムの機能拡張が必要な場合にも、ストレージ装置の導入作業が不要なので迅速に対応できる。

 日立は、今回、ストレージサービスの提供と同時にネットワーク基盤の構築も行い、QUICKのクラウド環境構築を統合的に支援している。