日立システムズ(高橋直也社長)は、4月15日、スマート情報分野の強化を目的に、シンガポールのベンチャー企業、iAPPS(アイアップス、リリアン・コーCEO)に出資したと発表した。

 日立グループの情報・通信システム事業の中核を担う日立システムズは、ITサービスの提供と同時に、金融、産業・流通、官公庁・自治体の顧客や社会インフラ分野向けに「NETFORWARD M2Mサービス」や強固なデータセンター基盤を活用したクラウドサービスなど、スマート情報分野に関連する各種ITソリューションを提供している。

 一方、アイアップスは、シンガポールやマレーシア、インドネシア、中国などで、携帯端末などの位置情報と高精度POI(Point of Interest:建物や駅などの固有情報)を活用したリアルタイムサービスを実現するプラットフォームやライブラリ群、アプリケーションを提供している。シンガポールの公的機関や大手不動産業、小売業などに多くのシステム提供実績をもち、シンガポール同様、通信環境が良好でスマートデバイスが普及している日本でもビジネスを展開したいと考えていた。

 こうした背景から、日立システムズはアイアップスに6.9%を出資し、株主になった。出資に伴い、アイアップスと位置情報サービス分野で協業し、共同研究を推進して新たなサービスの提供を目指す。