BCN(佐藤敏明社長)は、4月22日、東京・神田の社内セミナールームで、「BCN特別セミナー『Windows Server 2003サポート終了直前! 失敗しないファイルサーバー入れ替え提案』」を開催した。午前と午後の2回にわたって開催されたセミナーには、アイ・オー・データ機器が協賛、日本マイクロソフトが特別協力。SIerやISV、ディストリビュータなど、約80人が参加した。

 セミナーでは、2015年7月15日にサポートが終了するWindows Server 2003について、システム管理者が知っておきたい移行時の注意点や、現行製品であるWindows Server 2012の魅力、有効活用のポイント、ファイルサーバーの入れ替え方法などを紹介した。

 BCNのセッションでは、「ファイルサーバー市場最新動向と今後の展望」と題して、午前の部で『週刊BCN』の木村剛士編集長、午後の部で『週刊BCN』の畔上文昭ディレクターが登壇し、中小企業のデータ保存環境の現状とこれから訪れる特需について解説した。

 木村編集長は、「Windows Server 2003のサポート終了で、30万~40万台のリプレース需要が爆発する」として、「とくに、中小企業の利用率が高いファイルサーバーシステムの入れ替えニーズには大いに期待できる」と予測した。

『週刊BCN』の木村剛士編集長

 続くセッション1では、「Windows Server 2003サポート終了後も使い続ける危険性、Windows Storage Server 2012 R2導入のメリット」と題して、日本マイクロソフト エンベデット統括本部の寺島つむぎマーケティングスペシャリストが講演した。

 寺島マーケティングスペシャリストは、サポート終了後の危険性とWindows Server 2012 R2の機能性、コストメリットを解説後、ファイルサーバー専用OSのWindows Storage Serverを紹介。「Windows Serverの7割がファイルサーバーとして利用されているなかで、Windows Storage Serverへの移行は、高速でディスクを節約でき、単なるファイルサーバーにとどまらない活用も実現できる」と述べた。

日本マイクロソフトの寺島つむぎマーケティングスペシャリスト

 セッション2では、「今がファイルサーバーの入れ替え時!『3つの安心』LANDISK Z」と題して、アイ・オー・データ機器事業戦略部商品企画2課の新明征和チーフリーダーが講演した。

 新明チーフリーダーは、Windows Serverからファイルサーバーを切り出すことのメリットを解説しながら、ファイルサーバー専用OSのWindows Storage Serverを搭載するアイ・オー・データ機器のNAS製品「LANDISK Z」を紹介。「『LANDISK Z』は、ユーザーのビジネスを『三つの安心』で支援している」とアピール。さらにNAS専用HDD「WD Red」、安定運用にこだわったハードウェア設計、NASの状態を管理・確認できる「NarSuS」機能、保守サービスについて説明し、「ファイルサーバー入れ替え時には、ぜひ『LANDISK Z』をお勧めしたい」と訴えた。

アイ・オー・データ機器の新明征和チーフリーダー