サイボウズ(青野慶久社長)は、4月24日、日本マイクロソフト(樋口泰行社長)の技術支援の下、Microsoft SharePoint Server 2013(SharePoint Server 2013)上で開発したグループウェア「サイボウズ SP Apps 2013」シリーズを発売した。

 SharePoint Server 2013のグループウェア業務領域をさらに使いやすくするアドオン製品。使いやすさを特徴とするサイボウズのグループウェアでも、とくに多くの顧客が利用している、スケジュールとメッセージ・掲示板の機能を、「サイボウズ SP スケジューラー」と「サイボウズ SP ディスカッション」として提供する。日本語・英語の言語切替えやタイムゾーンに対応し、グローバルのビジネスシーンで利用できる。

 Microsoft Azure上に構築したSharePoint Server 2013環境でも動作。これによって、顧客は自社システムの運用ポリシーに応じたさまざまな運用方法を選択することができる。