サイボウズ(青野慶久社長)は、10月10日、パッケージ版「サイボウズ Office」の最新バージョン「サイボウズ Office 10」を発売した。

 「サイボウズ Office」は、1997年10月10日にファーストバージョンを発売してから16年、日本人のワークスタイルに合ったグループウェアとして開発を進めてきた。現在では、4万1000社の顧客に利用されているという。最新バージョンでは、掲示板やメールなどの定番機能の改善に加えて、新たな機能を搭載した。

 新機能として、使いたい機能だけを選ぶアプリのオン/オフ機能を追加。全社やユーザー単位で使用するアプリケーションを選択できるようになった。グループウェアを初めて利用する企業でも、まずは使いたい機能だけを選択し、少しずつ使用する機能の数を増やすことができる。また、ユーザーごとに許可するアプリケーションを選択できるので、外部のスタッフにアカウントを渡して、「掲示板」と「ファイル管理」などの限定した機能のなかでやりとりができる。

 未読一覧画面のなかで、既読処理だけでなく、コメントの書き込みや「いいね!」などのリアクションボタンを押すこともできる。従来のように、アプリケーションのなかに入って処理して、再びトップ画面に戻って次の通知を見るなどの画面移動は一切不要。忙しくて、ついコメントの返事を忘れてしまうということを防ぐことができ、グループウェア上のコミュニケーションの活性化にもつながる。

 さらに、メール機能が大幅に進化。HTMLメールに対応し、3ペインビュー(縦3分割)に対応した。メール画面の幅の調整や、ドラッグ&ドロップでのフォルダ移動もできる。