調査会社のIDC Japan(竹内正人代表取締役)は、2014年の国内IT市場規模が14兆1553億円で、前年比1.0%減になると予測した。ハードウェアが6兆4012億円(前年比5.2%減)になるのが市場縮小の要因。通信サービスを加えた国内ICT(情報通信技術)市場も前年比1.0%減の25兆2430億円になると見込んでいる。

 ハードウェアが落ち込むのは、Windows XPのサポート終了によるパソコンの買い替え需要が一段落するため。スマートフォン市場の成長が鈍化していることもマイナスに影響する。

 一方、ITサービス市場が5兆872億円(前年比1.6%増)、パッケージソフトウェア市場が2兆6669億円(前年比4.9%増)と堅調に推移すると分析している。

 なお、2013~18年のCAGR(年平均成長率)は、IT市場が0.3%、ICT市場がマイナス0.5%と予測。2018年は、IT市場が14兆5484億円、ICT市場が24兆8134億円の規模になるとしている。(佐相彰彦)