IDC Japan(竹内正人代表取締役)は、国内製品別サポートサービス市場を予測した。これによると、ハードウェアのサポートサービスは2012~17年の年平均成長率(CAGR)4.7%減で縮小していくものの、ソフトウェアはCAGR1.7%増と堅調に伸びていくという。

 クラウドやデータセンターなどのサービスが拡大することによるハード市場の減少がサポートにも影響。一方、ソフトのサポートは需要増によって拡大する、とIDC Japanは捉えている。(佐相彰彦)