マジックソフトウェア・ジャパン(佐藤敏雄社長)は、6月16日、アプリケーション開発・実行プラットフォーム「Magic xpa Application Platform」のアップデートバージョンを発売した。同時に、実行版ライセンスについて、大規模ユーザーやB2C向けを含む新たなライセンス体系を追加した。

 アップデートバーションは、iOS、Androidの最新バージョンに対応したほか、さまざまな機能を追加。とくに、モバイルデバイス側のローカルデータとサーバー側のデータ間での高速同期を実現するオフライン機能を大幅に強化した。

 従来の実行版ライセンスは、Windows PCとモバイルデバイス(iOS/Android)が共通で、同時アクセスユーザー数に応じたライセンスだった。新たなライセンス体系では、これに加えて、モバイルデバイス専用の実行ライセンスとして、ユーザー数に応じたB2B-B2E向けの「Named Userライセンス」、サーバーのコア数に応じたB2B-B2E向けの「サーバコアライセンス」、使用する接続デバイスに応じたB2C向けの「デバイスライセンス」を提供する。

 税別価格は、従来ライセンス「Magic xpa 2.0 RIA Server」の同時アクセス5ユーザーが24万3000円から、モバイル専用「Magic xpa 2.0 RIA Server for Mobile」の「Named Userライセンス」が5ユーザー10万円、1サーバーコアライセンスが190万円から、デバイスライセンスは個別見積もり。