ジェイズ・コミュニケーション(愛須康之代表取締役)は、7月3日、サイバーソリューションズ(秋田健太郎代表)が開発・販売するクラウド型の電子メールシステム「CYBERMAIL Σ」の販売を開始すると発表した。

 ウェブメール機能を中心に、メールアーカイブ、メール監査、メール暗号化などのメールに関連するソリューションをワンストップで提供する電子メールソリューション。ジェイズ・コミュニケーションは、このクラウド型メールシステムと、多くの取扱い実績のあるネットワークセキュリティ製品を、最適なソリューションとして顧客に提案するために、サイバーソリューションズの「SMB クラウドパートナープログラム」に参加した。

 ジェイズ・コミュニケーションは、SMB市場へのクラウド販売を新規事業に位置づけて、グループウェア・SFAとして「Knowledge Suite」の取扱いを開始するなど、さまざまなクラウド商材の展開を開始している。「CYBERMAIL Σ」の取扱いを開始することで、さらにクラウド商材のラインアップを充実させ、積極的な販売活動を行っていく。

 「CYBERMAIL Σ」の初年度の販売目標は、100社/1万アカウント。今後3年間で500社/5万アカウントを目指す。