ニュース

ジェイズ、Juniper Networks製品の販売パートナーへの技術支援を強化

2013/08/26 18:34

 ジェイズ・コミュニケーション(愛須康之社長)は、ジュニパーネットワークスの製品を販売(再販)するパートナーに向けた販売支援を強化している。

 ジュニパーネットワークスの製品・サービスは、パートナー制度「J-Partnerプログラム」にもとづいて認定されたパートナーを通じて販売されている。エンタープライズ製品を販売するパートナーは、ジュニパー製品・技術に関する資格の取得レベルに応じて、「Elite」「Select」「Reseller」という三つのカテゴリに分類される。

 ジェイズ・コミュニケーションでは、Juniper Networks EXシリーズ、SRXシリーズ、Junos OSの取扱いが初めてのパートナーや、今後さらに販売拡大を目指すパートナー向けに、Junos OSの基礎から製品の運用方法まで、実機を利用して効果的に学べるハンズオントレーニングを実施。テクニカルトレーニングと同時に検証用の機器も提供することで、パートナーが効率的に顧客への提案や、Juniper認定資格の取得を進められるよう支援を強化している。

 今後も、提案力の向上や取扱い製品の拡大を目的にパートナーレベルの昇格を目指すパートナーへの支援として、技術面での支援を積極的に行っていく。
  • 1

関連記事

ジェイズ・コミュニケーション、米ギガモン社のネットワーク製品の販売を開始

ジェイズ、ジュニパーネットワークスの小・中規模拠点向けサービスゲートウェイを発売

ジェイズ、コンパクトな1Uサイズのイーサネットスイッチ

ブランドダイアログがスターティア、ジェイズ・コミュニケーションと業務資本提携を締結

ジェイズ、ハンドリームネットのL2セキュリティスイッチを発売

外部リンク

ジェイズ・コミュニケーション=https://jscom.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>