製造業向けソリューションを得意とする日本ユニシス・エクセリューションズ(UEL、今村康社長)は、7月4日、タイに進出する日系企業に向けたビジネスを強化するために、グループ企業のUEL(Thailand)(熊谷晋吾代表)の株式を99.9%取得して子会社化するとともに、自社開発のCAD/CAMシステム「CADmeister」を中核としたエンジニアリングサービスの提供を開始すると発表した。

 UEL(Thailand)の子会社化によって、UELは、従来の現地代理店に対するCAD/CAMシステムの卸売事業だけでなく、タイの現地エンジニアの技術力を向上させ、顧客に対するエンジニアリング分野の高度な提案や、サポート・サービスを提供できるようになった。

 UELは、3年後にタイの市場で売上規模5億円を目指す。また、今後はUEL(Thailand)をASEAN地域のハブ拠点として、ベトナムやマレーシアなどの周辺諸国へのビジネスも拡大していく。(上海支局 真鍋武)