ニュース

中国でGoogleの接続が不能に、長期化の可能性も

2014/06/05 19:15

 中国のインターネット検閲に関する情報を提供している団体、GreatFire.orgは、6月2日、天安門事件が1989年6月4日に発生してから25周年を迎えるにあたって、中国でGoogleの検索やメールなどのサービスが利用できない状態になっていると発表した。

 Googleの接続環境の悪化は2012年の同時期にも発生したが、そのときは12時間程度で改善されている。GreatFire.orgによると、これは中国審査機構が接続を封鎖することで、国民の反応をうかがっていたからだという。しかし、今回は数日間も封鎖が続いていることから、GreatFire.orgは、今後、長期間にわたってGoogleが使えなくなる可能性があると指摘している。

 実際に6月5日時点でも、中国でのGoogleへの接続環境は改善されていない。(上海支局 真鍋武)
  • 1

関連記事

中国政府、国内銀行のIBM製サーバーを撤去か

メルコ北京、中国の法人市場に本格参入、NASでシェア30%を狙う

中国・北京でソフトウェアと情報サービス産業の国際企業交流会

中国・北京でサービス産業の見本市「京交会」、過去最高の約15万3000人が参加

富士ゼロックス、中国を含むアジア・太平洋地域でSOHO・SMB向けA3カラー複合機を発売

外部リンク

GreatFire.org=https://zh.greatfire.org/

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>