OSK(宇佐美愼治社長)は、より幅広い顧客の要望に柔軟に対応し、さまざまな用途に利用範囲を広げる運輸業システム「SMILE BS 2nd Edition トラックスター Rel.2(SMILE BS2 トラックスター Rel.2)」を、9月19日に発売する。

「SMILE BS 2nd Edition トラックスター Rel.2(SMILE BS2 トラックスター Rel.2)」の帳票画面

 「SMILE BS2 トラックスター」は、運転日報の入力情報をもとに、売上げ・傭車料・経費の管理、請求業務の軽減に加え、車両や運転者の実績管理など運輸業に必要な業務全般をカバーする運輸業システム。最新版は、これまで提供してきた業務処理全般の機能に加え、顧客自身で項目を集計して帳票を作成できる自由集計表機能を搭載した。管理項目は多岐にわたり、運転者・車両・得意先などのカテゴリ別帳票が作成できる。

 標準帳票に加えて、例えば、一表で情報を複合的に見たいという利用部門からの要望に応えるレポーティング機能を提供。企業ごとに必要な管理資料を自由に作成することができるようになった。すでにリリースしている独自項目の追加機能や、対外帳票を作成できる自由レイアウト表とあわせて利用することで、社内外のさまざまな用途に利用範囲を広げることができる。

 税別価格は、スタンドアロン版(DBつき)が90万円、LAN版(DBつき)が120万円から、自由帳票実行オプションが20万円 (販売店SEが設定した追加項目、設計帳票の使用に必要)、自由帳票設計ツールが40万円 (ユーザーが自分で項目設定・帳票設計をする際に必要)。