OSK(宇佐美愼治社長)は、顧客の要望に柔軟に対応し、さまざまな用途で利用できる運輸業システム「SMILE BS 2nd Edition トラックスター」を9月20日に発売する。

 運転日報を入力することで、荷主への請求や傭車料・経費など必要な管理をすることができる運輸業向けシステム。最新版の「SMILE BS 2nd Edition トラックスター」では、これまでの機能をさらに充実させ、顧客ごとの独自項目の追加や、帳票レイアウトの設定など、汎用性と自由度を大幅に向上した。

 各マスターや各種伝票入力画面に顧客独自の管理項目をそれぞれ最大20項目まで追加することができ、帳票や伝票出力の項目選択、並び順、レイアウト設定などが自由にできる。オリジナルのフォーマットなどにも容易に対応できるので、さまざまな用途に利用範囲を広げることができる。

 残業時間を自動で計算する運転日報入力や、日報の品目行数の大幅な拡大(99行まで)、点呼記録簿の標準搭載など、利便性を高める多くの機能を強化。さらに、Windows 8のユーザーインターフェースへの対応と、直感的な操作を支援する画面デザインの採用で、より高いユーザビリティを実現している。

 価格は、「スタンドアロン版(DB付き)」が90万円、「LAN版(DB付き)」が120万円から、販売店が設定した追加項目、設計帳票の使用に必要となる「自由帳票実行オプション」が20万円、顧客が自分で項目設定・帳票設計する場合に必要となる「自由帳票設計ツール」が40万円。