インフォテリア(平野洋一郎社長)は、9月11日、モバイル向けコンテンツ管理(MCM)システム「Handbook」を活用したソリューションで営業・マーケティング活動を支援するアライアンスプログラム「Handbookソリューションネット」を開始すると発表した。

 700社を超える導入実績がある「Handbook」と、企業でのタブレット端末導入・活用の分野で実績豊富な支援サービス・製品を展開する企業との連携を体系化することで、法人タブレットの導入を成功に導く支援プログラム。

 インフォテリアは、「Handbookソリューションネット」の参加企業と協働し、多様な課題を抱えるユーザー企業のタブレット端末活用を促進。アライアンス参加企業とユーザー企業のタブレット端末導入・活用の支援のための情報提供を、従来のプロモーションの枠を越えて、さまざまな機会を通じて積極的に進めていく。

 スタート時は、9社の11サービス・製品を提供する。「タブレット導入支援サービス」がイシン、富士通エフ・オー・エム、マイクロメイツ、「コンテンツ制作サービス」がアマナ、TVC、富士通エフ・オー・エム、ランサーズ、「コンテンツ制作ソフトウェア・サービス」がecoCAT ClouD(デジタルマックス)、データパック・ビルダー(エフ・オー・エム)、iTutor(ブルーポート)、「セキュリティソリューション」がサイバートラスト。今後、新アライアンスプログラムを積極的に告知し、参加サービス・製品を増やしていく。