【上海発】インフォテリア中国法人の桜楓天(上海)貿易(山崎将良総経理)は、1月17日、上海で「タブレット活用、成功の法則セミナー」を開催した。

 今回のセミナーでは、多くのユーザー企業でスマートデバイスの業務利用が進むなか、主に中国進出する日系企業を対象に、導入時のポイントや活用方法を紹介した。インフォテリアが開発・販売するスマートデバイス向けコンテンツ配信サービス「Handbook」は、サーバーで管理する営業資料などのドキュメントや動画、画像をタブレット端末で閲覧できる。カシオ計算機の海外グループ会社であるカシオ上海が店頭販売で商品紹介に利用するなど、中国でも着実に導入が進んでいる。

 セミナー終了直後にはくわしい話を求める受講者の姿もみられ、「新たなお客様になりそうな方々に、『Handbook』を知ってもらういい機会になった」と、山崎総経理は手応えを感じていた。今後は、日本語によるセミナーの定期開催に加え、中国企業へのアプローチのために、中国語による開催も予定している。(伊達和久)