エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、9月22日、クロスプラットフォーム開発環境「Xamarin」のiOS 8対応版を発売した。

 C#でiOS、Android、Mac、Windows OS向けのネイティブアプリケーションを開発できるクロスプラットフォーム開発環境。開発環境「Xamarin Studio」を使用して、Mac 上でiOS、Android、Mac OS向けのアプリをビルドできるほか、アドインを使用することで、Windows上のVisual StudioでもシングルソリューションでiOS、Android、Windows、Windows Phone向けのアプリをビルドできる。

 「Xamarin」が、iOS 8のリリース後、すぐにiOS 8に完全対応した。iOS 8で追加されたアプリケーション拡張機能、Touch ID、PhotoKit、手動カメラコントロール、HealthKit、HomeKit、CloudKit、ドキュメントピッカー、Handoff、SceneKit、SpriteKitなど、すべての新しいAPIをサポートする。これによって、開発者はiOS 8の新しいAPIを使用するアプリをApp Storeにすぐに申請できる。

 税別価格は、「Xamarin.iOS Business」(年間サブスクリプション)が12万7800円、「Xamarin.iOS Enterprise」(年間サブスクリプション)が24万3000円。