エクセルソフト(名取弘人代表取締役)は、9月24日、米Accusoftのバーコード開発ツールの最新版「Barcode Xpress v10(.NET/ActiveX)」を発売した。

 「Barcode Xpress」は、GS1 DataBar、Code 39、Code 128、UPC、JAN(EAN)などの1次元バーコードに加え、DataMatrix、QRコード、PDF417、Aztecなどの2次元バーコードをサポート。画像内にある複数のバーコードを高速認識し、その値と認識の信頼精度を通知する。プロフェッショナル向け、大規模システム、自動アプリケーション向けに設計されているので、デスクトップ用アプリケーションはもとより、サーバー用アプリケーションにもバーコードの認識・作成機能を簡単に組み込むことができる。

 最新版は速度を改良し、2次元バーコードのData Matrix、QRコード、PDF417の読取りがさらに速くなった。また、IDカードで使用するPDF417コードの精度が大幅に向上し、QRコードやData Matrix、1次元バーコードの精度も向上した。さらに、QRコードをアップデートして、漢字フォントの存在や、バイナリか英数字かなど、QRコードでのエンコード情報の識別と解釈の機能を搭載した。このほか、Patch codeの読取りで、失敗を防ぐために最小サイズ機能を追加した。

 税別価格は、「Barcode Xpress v10 1D Standard .NET(32&64bit)」が22万1000円、「Barcode Xpress v10 1D Standard ActiveX(32または64bit)」が22万1000円、「Barcode Xpress v10 1D Professional .NET(32&64bit)」が22万1000円、「Barcode Xpress v10 1D Professional ActiveX(32または64bit)」が22万1000円、「Barcode Xpress v10 1D/2D Standard .NET(32&64bit)」が28万6000円、「Barcode Xpress v10 1D/2D Standard ActiveX(32または64bit)」が28万6000円、「Barcode Xpress v10 1D/2D Professional .NET(32&64bit)」が28万6000円、「Barcode Xpress v10 1D/2D Professional ActiveX(32または64bit)」28万6000円。